セクハラ自動車学校



セクハラ自動車学校根暗少年の復讐ハーレム調教計画消滅都市 攻略

【会員登録すれば、今だけ・・・】

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 


≪無料立ち読みはこちら!≫

≪パソコンの方はこちら!≫

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。ネタバレ注意報

主人公の女子学生由菜が彼と部屋でキスをしているときに、彼の兄がとつぜん入って来た話

タケシが由菜に好きだと告白したのはほぼ1ヵ月前。

親の仕事の関係で北海道へ転勤してしまうことによるものだ。

せっかく自分の想いを由菜に伝えられて二人の距離が近くなったときのことなのだ。

しかし、由菜ははっきとを意思表示をすることないまま二人で共にする時間は増え続けていた。



≪無料立ち読みはこちら!≫

≪パソコンの方はこちら!≫



ある日の学校の帰り道で、タケシは自分の家で一緒に今日の宿題をやってしまおうと由菜を強く誘った。

すでに二人はかなり深く交際している間柄だったものの、由菜には迷いがあったのだが、着いて行く決心をした。

タケシの家で二人きりになってキスをしたのだが、タケシはなぜか初めてのような緊張が続きどおしだった。

一方の由菜は、少し以前まで好きだった年上の男性のことが忘れられずに思い起こしてしまっていた。



≪無料立ち読みはこちら!≫

≪パソコンの方はこちら!≫



そのままタケシと再度のキスをしようとしたとき、とつぜんタケシの兄が部屋に入ってきて、空手の練習をサボっているので電話があったと伝えにきた。

タケシとしては、今日はその練習をサボってでも由菜と過ごしたい思いだったのだが、残念なことに中断しそうになってしまった。

しかたなくタケシはついつい焦って由菜をそのまま部屋に残したまま、電話のほうへ行ってしまうことになった。

このことが原因となって、由菜はその兄からの身体の要求に応じさせられてしまったのだ。



≪無料立ち読みはこちら!≫

≪パソコンの方はこちら!≫

そのときの由菜は、タケシの兄を見た瞬間に身体が凍り付いてしまったようになったと同時に、過去の非常に辛い思い出を起こさせることになったのだった。

同時にその兄も自分の要求に応じた由菜を見て、かって集団レイプした相手だと思い込んで、なんとも言えないとても複雑な気持ちになっていた。

なんとタケシが空手の練習に由菜を置いて出て行ってしまって二人きりになったときのことなのだ。

そして、今日のこの瞬間に兄は由菜を自分の部屋に連れ込み、ベッドの上で無理やり由菜を犯し始めていき、いっぽうの由菜はされるがまま身体を彼に許していったのだった。



≪無料立ち読みはこちら!≫

≪パソコンの方はこちら!≫

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。の結末を迎えたシーンとは?

【会員登録すれば、今だけ・・・】

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 


≪無料立ち読みはこちら!≫

≪パソコンの方はこちら!≫

それがタケシの縮こまっているふぐりに流れ落ちた。うねっている壁を貯ぎ倒すようにして動かした。

肉壁の先端が割れ目の中で円を描いた。腰を引くと、粘液を絞り出すようにして皮は元に戻る。

タケシは腰を左右に動かした。兆しが強まった。

絡めている足を解くと、腰をわずかに引いた。両足で腰を押さえられているので、そんな動かし方しかできない。

幹を包む皮が粘液にまみれながらめくれる。性急な動きだったせいで、タケシの腰はついていけなかった。

根本の奥でざわつく。腰を引くたびに、肉壁が痔れていくのを感じる。

肉壁は充実した快感の波の中を漂う。腰を掴まえている足の力が少しずつ弱まっていく。

足が砂浜に着くと、腔に入り込んだ。すぐさま肉壁がひきつれる感覚が伝わってきた。

時折、粘液が噴き出すようにこぼれ出た。「ああ、ゆかりさん、気持がいい、ぼく、もう、我慢できません」「待って、まだ、山神君、ねっ、もうちょっと待って、我慢して」「…………」「このままじゃ、いや」「えっ、どうして。

代わりに、先端の動きに合わせて、デキちゃうけど、ナカでもいいよね。の由菜も腰を動かしはじめた。それに、軽蔑もしないって約束もしてね」「わかりました、ゆかりさん」「ふふっ……。

ねっ、せっかく海に来たんだから、やってみたいことがあるの、わたし」デキちゃうけど、ナカでもいいよね。の由菜は目を開くと、はっきりそう言った。動くなら、ぼくと……、逆に動いて」先端の動きに合わされてしまうために、円を描くように動いている意味がなくなってしまう。

茂みを露わにした姿は賢か「うふっ」「やだなあ、妙な笑いを浮かべて。タケシの肩を両手で押し上げた。

快感が痔れさせるのか、物理的に解れるからなのかよくわからない。白っぼい粘液が壁から惨み出た。

「とっても、気持がいい……」「ゆかりさん、待って、動かないで、ください」「ああっ、どうして……」「どうしても、です。それでも放出の兆しに対しての敏感さはなくならない。

甘い香りが潮風に混じって、タケシの鼻「いきなり、「ごめんね、「いったい、待ってだなんて……」山神君、だけどね、波の音を聴いていたら、ふっと思いついちゃったの」何ですか、やってみたいことって」頂かりが起き上がるのを、胸まで海に撃て見ていた。ゆかりさん、よくないんですか」「ううん、そうではないけど」「だったら、一緒にいって……」.「待って……。

ゆかりも気づいたらしく、腰を逆に動かしはじめた。(いきそうだ……)樹液の放出が近づいている。

柳井旅魔の若女将とさほど変わらない艶があった。肉壁を走り抜ける脈動が速まる。

海の中で、同じこと、して、みたいの」潤んだ大きな瞳が妖しく光った。もったいぶらないで言ってください」「そう?でも、びっくりしないって約束して。

時計回りをつづけた後、逆回りを試した。奥深くまで一気に挿した。

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。をZipで読んだ人間の悲劇・・・

【会員登録すれば、今だけ・・・】

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 


≪無料立ち読みはこちら!≫

≪パソコンの方はこちら!≫

本気のようにも、またすべてが冗談のようにもとれた。忘れかけていた不安が軒ソ上がってきた。

浮き輪に掴まっていても気が気ではない。夏の太陽の光が、しなやかな躯に降り注ぐ。

萎みきった肉樹に一瞬、わずかに脈動が走り抜けた。ビーチサンダルを買いに行くと言ったきり、朋子とともにどこかに消えてしまっていたのだ。

足がつくところまで戻ると、タケシは囁いた。ずいぶん沖に流されてしまったようだ。

真っ白のビキニの水着が育の海に映える。ねえ、山神君、さっきの海の中でのこと、佐藤君に話しちゃだめよ、約束して」「わかってます」タケシが応えると、彼女は満足したようにうなずき、浜に向かって泳ぎだした。

ぼくにはまだ、信用がないから?」「あんなことできないわよ」由菜はチラリと視線をタケシの股間に送ると、笑顔を浮かべながら浜にあがった。ビキニの白いパンツがちょうど、お尻がつくる谷間に張りついていた。

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。のタケシの海水パンツを脱がせ、肉樹をしごき、そして潜って肉樹をくわえたのだ。ちょっと履いてみないか「とタケシは勧められた。

「どこ行ってたんだよ」タケシは荷物を置いている所に戻ると、佐藤に声を投げた。邪魔しちゃ悪いだろ」「おまえのほうだろ、邪魔されて困るのは。

思わせぶりな彼女の視線を思い浮かべた。「どうして?」「だって……。

海底が見えなくなっていた。タケシはそれ以上訊くのをやめ、由菜の後につづいて浜にあがった。

顔を海面につけた。肉樹は浜にあがるタイミングを計ったようにしぼ萎みはじめた。

ふたつの盛り上がった丘の美しい稜線は、彼女が歩くたびにプルンと震える。言われるままサンダルを履いて波打ち際まで歩きはじめると佐藤が追ってきた。

ずいぶん沖に出ているというのに、由菜ゆかりには不安そうな表情はなかった。(信用されてないのかなあ……)タケシは一生堅叩に泳ぎながらそんなことを思った。

乳首が見えそうじゃねえかよ」「どこ見てるんだよ、失礼だぞ」由菜が念を押したのは、海の中でのことだ。いくら佐藤が中学からの友人でも、そんなことをあからさまにできるはずがない。

すごく中途半端なままだったから」「ふふっ、それはまたの機会にしましょ、今・度ね」「今一度って……。それで黙っていなくなったんじゃないのか」「そんなことより、いいだろ、これ」佐藤は新品の緑色のビーチサンダルを履いている。

「今度ね、それが今日かもしれないし、来月かもしれないし……」二重まぶたで切れ長の目の美しい彼女の顔立ちからは真意は読めない。「ゆかりさん、あがりませんか」「そうしましょ。

「由菜さん、すごい水着だな、おれ、ドッキドキだよ。それくらいのことはデキちゃうけど、ナカでもいいよね。の由菜ならわかるはずだ。

海水が流れ落ち、太もものつけ根をつたっていく。足下をブルーや縞模様の熱帯魚が泳ぐのが見える。

「朋子と泳いでいただけ。

サブコンテンツ

関連サイト

作家・華フックの人気電子コミック「根暗少年の復讐ハーレム調教計画」のあらすじやネタバレ、画像などを公開しているサイトです。 根暗少年の復讐ハーレム調教計画

このページの先頭へ